アーリントン国立墓地とフィリピン(はじめに・目次)

VdayArlington2004

(2004年11月11日、アーリントン国立墓地60区画)

ポトマック川をはさんでワシントンDCの南西に位置するアーリントン国立墓地は、南北戦争の南軍司令官ロバート・E・リーの居宅があったプランテーションを報復的に接収した丘陵地を中心とする約650エーカーの広大な墓苑に、30万人を超える米軍戦没者、ベテランとその家族、ジョン・F・ケネディ大統領やスペース・シャトル事故の犠牲者などが葬られています。アメリカが戦ってきた数々の戦争に関わるメモリアル(慰霊碑)も建てられていて、毎年400万人近くが訪れるとされています[i]。そしてここアーリントン国立墓地には、フィリピンをめぐる征服戦争と植民地の過去が刻まれています。その広大な墓苑から、歴史を刻んできた幾つかの記念碑・墓標を紹介します。(授業資料作りのついでに、過去の著作の一部をウェブ用に再編しました)。

アーリントン国立墓地のあらまし(動画・約5分)

アーリントン国立墓地とフィリピン(ゆかりのアメリカ人たちの墓碑を赤いピンで、フィリピーノたちの墓碑を青いピンで表示しています)。

 

[i] アーリントン国立墓地の歴史・概要についてはJames Edward Peters. Arlington National Cemetery, Shrine to America’s Heroes. Bethesda, MD: Woodbine House, 2000.公式のウェブサイトは http://www.arlingtoncemetery.org/. このほかに下記の個人が運営するサイトは被葬者の墓誌が充実している。http://www.arlingtoncemetery.net/.

目次

 

1.「メイン号のマスト」メモリアルから

「メイン号のマスト」メモリアルを中心に、アメリカのフィリピン征服のきっかけになった米西戦争への展開をアーリントン国立墓地から照らし出します。(被葬者:チャールズ・シグスビー、メイン号の乗組員たち)

2.「フィリピン反乱」

「フィリピン反乱」とアメリカが呼んだ征服戦争の始まりをアーリントン国立墓地から照らし出します。(被葬者:ヘンリー・ロートン、アーサー・マッカーサー)

3.ウィリアム・ハワード・タフト

日本では「桂・タフト」協定で知られる出来事の背景をアーリントン国立墓地から照らし出します。(被葬者:ウィリアム・ハワード・タフト、硫黄島海兵隊の戦死者たち)

4.「バランギガ」

米比戦争史上、最悪の戦争犯罪となったサマール島の「バランギガ」事件などをアーリントン国立墓地から照らし出します。(被葬者:ジェームス・フランクリン・ベル、リトルトン・ウォーラー)

5.米陸軍人たちとフィリピン

「平定」後も長く「反乱」が続いたがゆえに、フィリピンは米軍とくに陸軍にとって――1890年に終結した「インディアン戦争」にかわる――重要な赴任先・訓練場であり続けます。その歴史をアーリントン国立墓地から照らし出します。(被葬者:ジョン・パーシング、レオナード・ウッド、ジョージ・マーシャル、ジョナサン・ウェインライト)

6.アーリントンに眠るフィリピーノたち

アーリントン国立墓地に眠る「フィリピーノ」たちとは?(被葬者:フランシスコ・サルベロン、ペドロ・アブボ、レオナード・レオノール、ニノ・リバデイ)

 

 

 

Page generated in 0.383 seconds. Stats plugin by www.blog.ca