現代思想2018年6月号臨時増刊号総特集@明治維新の光と影

現代思想2018年6月号臨時増刊号総特集@明治維新の光と影

「アジア主義:記憶と経験」を寄稿させていただきました。 「はじめに」 明治維新(一八六八年)から一五〇年。そのちょうど折り返し点にあたる一九四三年は「大東亜戦争」(一九四一〜四五年)と日本が名づけた戦争の半ばにあって、「南方」のほぼ全域──それは今日の東南アジア一〇ヶ国の領域とほぼ一致する──が日本の軍事支配下におかれていた。日本とその植民地、中国における占領・支配地域(満州国・汪兆銘政権)と「南方」をあわせて「大東亜共栄圏」と呼ぶ瞬間が、そこにはあった。しかしまもなく日本は連合国に無条件降伏し、一五〇年間の前半に対する否定から出発する後半としての戦後日本が始まっていく。このように一五〇年の前半から後半に向かう分水嶺の位置にある「大東亜戦争」・「大東亜共栄圏」という経験の意味を今日再考するとき、私たちは何を言い得るだろうか。 ここで考えてみたいのは、一五〇年前半における日本の膨張主義をめぐって日本(人)が語ってきた「アジア主義」──そして一五〇年後半におけるその記憶──である(小論では日本[人]が発話してきたアジア主義にはカッコを付けて表記する)。以下まず敗戦後いったん忘れられた「アジア主義」の記憶を回復させる契機となった竹内好の論考「日本のアジア主義」を手がかりにして、「アジア主義」における他者の不在という問題を考える。さらに「アジア主義」が日本の膨張主義の極点でアジアの他者と出遭った東南アジア占領という経験の意味を考えてみたい。(Amazon.co.jp購入ページへ)

現代歴史学の成果と課題第4次−3

現代歴史学の成果と課題(第4次)全3巻が刊行されました

歴史学研究会より、『現代歴史学の成果と課題(第4次)』全3巻が刊行されました。第1次(1974年)、第2次(1982年)、第3次(2002年)に引き続き、「認識論的な問いと新自由主義という時代状況が重なる」2001年〜2015年までの現代歴史学の展開を主たる対象として、歴史学の方法,世界史像,歴史実践を中心軸に,歴史学の現在とその課題を照射することをめざしています。私は第3巻『歴史実践の現在』のなかで、「歴史修正主義とのたたかい」をめぐって、「歴史修正主義とその背景」と題して、日本とヨーロッパにおける歴史修正主義問題の展開を論じました。

Paper published: Methods to Avoid Speaking the Unspeakable

Paper published: Methods to Avoid Speaking the Unspeakable

Methods to Avoid Speaking the Unspeakable: Carmen Guerrero Nakpil, the Death of Manila, and Post-World War II Filipino Memory and Mourning. “Methods to Avoid Speaking the Unspeakable: Carmen Guerrero Nakpil, the Death of Manila, and Post-World War II Filipino Memory…

一覧

(1) 著書 単著 1. 『フィリピン独立問題史──独立法問題をめぐる米比関係史の研究(1929-1946年)』(龍渓書舎、1997年1月15日)、全383頁。 1934年独立法で定められた独立の期日と諸条件の変更、すなわち独立法改正問題を中心とする米比関係史を検討することにより、1930年代からアジア・太平洋戦争に到る国際環境のなかで独立への道を歩んだフィリピンの国家形成史において、非植民地化の契機がむしろ失われてゆく過程を明らかにした。アメリカ学会清水博賞受賞(1997年)。

東日本大震災・福島原発事故と歴史学研究会

東日本大震災・福島原発事故と歴史学研究会

揺れ始めたとき、私は東京都国立市(一橋大学キャンパス)に居ました。そのときは原発事故を知る由もありませんでしたが、いつまでも、いつまでも、いつまでも終わらない揺れに、たぶん生まれて初めて「大自然への畏怖」を感じた経験でした。あのとき私が事務局長をつとめていた研究者団体・歴史学研究会の震災・原発事故への対応についてまとめた文章を震災5周年を期して掲載します。(写真は2012年1月1日、名取市閖上・日和山からの景色)

Page generated in 0.566 seconds. Stats plugin by www.blog.ca