Paper published: Methods to Avoid Speaking the Unspeakable

Paper published: Methods to Avoid Speaking the Unspeakable

Methods to Avoid Speaking the Unspeakable: Carmen Guerrero Nakpil, the Death of Manila, and Post-World War II Filipino Memory and Mourning. “Methods to Avoid Speaking the Unspeakable: Carmen Guerrero Nakpil, the Death of Manila, and Post-World War II Filipino Memory…

一覧

(1) 著書 単著 1. 『フィリピン独立問題史──独立法問題をめぐる米比関係史の研究(1929-1946年)』(龍渓書舎、1997年1月15日)、全383頁。 1934年独立法で定められた独立の期日と諸条件の変更、すなわち独立法改正問題を中心とする米比関係史を検討することにより、1930年代からアジア・太平洋戦争に到る国際環境のなかで独立への道を歩んだフィリピンの国家形成史において、非植民地化の契機がむしろ失われてゆく過程を明らかにした。アメリカ学会清水博賞受賞(1997年)。

東日本大震災・福島原発事故と歴史学研究会

東日本大震災・福島原発事故と歴史学研究会

揺れ始めたとき、私は東京都国立市(一橋大学キャンパス)に居ました。そのときは原発事故を知る由もありませんでしたが、いつまでも、いつまでも、いつまでも終わらない揺れに、たぶん生まれて初めて「大自然への畏怖」を感じた経験でした。あのとき私が事務局長をつとめていた研究者団体・歴史学研究会の震災・原発事故への対応についてまとめた文章を震災5周年を期して掲載します。(写真は2012年1月1日、名取市閖上・日和山からの景色)

岩波『世界』880(2016年4月)号:天皇フィリピン訪問が意味したこと

岩波『世界』880(2016年4月)号:天皇フィリピン訪問が意味したこと

小文を寄稿しました。本誌ともどもお読みいただければ幸いです。 「天皇フィリピン訪問が意味したこと」『世界』880(2016年4月)号:29-32頁。  

『学術の動向』2016年1月号 特集アジアのメガシティ東京

『学術の動向』2016年1月号 特集アジアのメガシティ東京

日本学術会議発行のジャーナル『学術の動向』2016年1月号 特集1 アジアのメガシティ東京 その現状と役割 (2015年7月11日 日本学術会議主催学術フォーラムの内容をまとめたものです) 特集の趣旨 / 杉原 薫 問題提起 / 青木 玲子 メガシティ東京の過去・現在・未来 ―都市比較から考える / 町村 敬志 進展する東京集中と 経済成長の特徴 / 梅溪 健児 地震リスクと防災政策 ─日本の住宅市場と家計行動の観点より / 瀬古 美喜 気候変動適応策 ─持続可能でレジリエントな社会に向けて/市橋 新 中国の大都市は東京から 何を学べるか? / 丸川 知雄 メガシティ社会科学研究の マトリクス / 中野 聡 まとめ / 青木 玲子

Page generated in 0.467 seconds. Stats plugin by www.blog.ca