岩波講座 東南アジア史 第8巻

岩波講座 東南アジア史 第8巻

岩波書店より、後藤乾一編『岩波講座東南アジア史第8巻 国民国家形成の時代』が出版されました。「1939年から1950年末まで、第二次大戦、日本支配、冷戦。激動する国際関係に翻弄されながら、「国民国家」の創出に向けて歩み始めた東南アジア。それぞれの国家や民族は、かつてない「変化の時代」といわれるこの20年をどのように歩んだのか。本巻はまた東南アジア現代史を鏡とし、そこに映る日本自身の“アジアに向けた顔”を見つめ直す手引き書である」(帯より)。私は第2章「日本占領の歴史的衝撃とフィリピン」で、日本占領の歴史的衝撃が、結果として、戦前に予想されていた独立後の大きな変化の契機を奪うことにつながったフィリピンの事例の特殊性を論じ、第10章「賠償と経済協力」で、「サンフランシスコ体制」のもと進んだ賠償と経済協力を通じた日本・東南アジア関係再形成のあり方を構造的に分析するとともに、賠償・経済協力が日本・東南アジア双方の国民的な歴史経験として持った意味を考究するための研究上の課題を提示しました。アジア文庫紹介ページ

Page generated in 0.239 seconds. Stats plugin by www.blog.ca