旧日本軍医フィリピンでの生体解剖の事実を認める

<生体解剖>フィリピンでも 大戦末期 元衛生兵が証言 2006/10/19 毎日新聞 (記事抜粋)第二次大戦末期、フィリピン・ミンダナオ島で、負傷兵の治療などに当たっていた元上等衛生兵曹の牧野明さん(84)=大阪府枚方市=が、仕えていた軍医とともに現地住民を生きたまま解剖したことがあると証言、その体験を基に、近く語り部活動を始める。解剖は軍医が衛生兵の医療実習として個人裁量で行ったとみられる。戦時中の生体解剖は旧満州(現中国東北部)の生物戦部隊「関東軍731部隊」が中国人に行った例が知られているが、専門家によるとフィリピンに関する証言は初めてという。【久木田照子】 この記事はMainichi Daily Newsを通じて海外にも報道され、フィリピンでもトップニュースになったそうです。来日中の第2次世界大戦史研究の第一人者リカルド・ホセさん(フィリピン大学教授)に教えていただきました。衛生兵の医療実習。日本兵の命を救うための訓練にフィリピン人を犠牲にしたわけです。生体解剖を主導した軍医は戦場で自決したとのこと。加害体験を証言し「語り部」となる決意を語る牧野さんに敬意を表します。

Page generated in 0.209 seconds. Stats plugin by www.blog.ca