宗教戦争のアメリカ(2) ムスリム議員 就任宣誓コーラン使用で大もめ

アメリカで初めてのムスリム(イスラム教徒)下院議員として当選したキース・エリソン(Keith Ellison)氏が、1月に連邦議会で行う就任宣誓にイスラム教徒としてコーランを使用する意向を表明して大騒ぎになりました。 就任宣誓といえば聖書(バイブル)の上に手を置いてやるもんだろうが!というのが、保守派からの反発の声です。 興味深いのはエリソン氏に最初にクレームを入れたのが、ロサンゼルスで保守派のトーク・ラジオ・ホストをしているユダヤ系のデニス・プレーガーという人物だったということです。彼は次のように叫んでいます。

宗教戦争のアメリカ(1) ツリー撤去で大もめ

宗教戦争のアメリカ(1) ツリー撤去で大もめ

シアトル国際空港のクリスマス・ツリーが撤去され、すぐにまた元に戻されるという騒ぎが日本でも報道されました。この空港のツリーには以前から(恐らくは同じユダヤ教のラビから)クレームがあったらしく、すでに天使の飾りなどキリスト教的な飾りは取り付けられていなかったそうです。

Page generated in 0.474 seconds. Stats plugin by www.blog.ca