一橋大学「平和と和解の研究センター」レクチャー・シリーズのお知らせ

一橋大学「平和と和解の研究センター」では、レクチャー・シリーズ第3回として、広島市立大学広島平和研究所の永井均さんをお呼びしてお話をうかがいます。このイベントは市民に開かれています。どうぞふるってご参加ください。 一橋大学「平和と和解の研究センター」 レクチャー・シリーズ第3回 「敗者の裁き」というアポリア ―第2次世界大戦後の戦犯裁判をめぐる日本側対応― 講師:永井均(広島市立大学広島平和研究所専任講師) 日時:2007年7月9日(月曜日)    午前11時~午後12時30分 場所:一橋大学東キャンパス    マーキュリー・タワー4F 3405教室   (下記地図33番の建物です) http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html 内容:第2次世界大戦後、連合国側による戦犯裁判に先立って敗戦国・日本が行った戦犯裁判(敗者による裁き)の行方を語っていただきます。広島平和研究所の概要についてもお話をいただく予定です。

一橋大学「平和と和解の研究センター」レクチャー・シリーズのお知らせ

このたび一橋大学社会学部に発足しました「平和と和解の研究センター」では、下記の要領でレクチャー・シリーズ(第1回)を開催いたします。ふるってご参加ください。 日時 2007年6月18日(月曜日) 場所 一橋大学(東京都国立市)東キャンパス    マーキュリー・タワー3405(マルチメディア)教室    下記地図の33番の建物です    http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html 使用言語 英語(通訳なし) 午後1時~2時30分 “A Cosmopolitan Outlook on Peace and Conflict Studies” Lecture by Ronald Stade Director of Peace and Conflict Studies School of International Migration and Ethnic Relations, Malmö University 午後3時~5時 “Speaking for the Dead:…

Page generated in 0.251 seconds. Stats plugin by www.blog.ca