(改訂版)査証なし移民(Undocumented Immigrants)とアメリカの市民権構造・市民権戦略

現代アメリカ経済が、その底辺を査証なし移民(undocumented immigrants)によって支えられ、さらに合法移民・帰化市民に人的資源を大きく依存してることは言うまでもありません。 その一方で、移民とりわけ査証なし移民によって「アメリカ人」の給与・所得・生活水準が切り下げられている、あるいは脅かされている、さらにはアメリカの国民統合が危機に曝されている、あるいは国民統合の中核となるべき価値が変質してしまうという反発や警告も、歴史のなかで繰り返されてきました。このような状況のもとで、アメリカに居住し、あるいはアメリカに帰化して市民権を取得することでさまざまの問題を解決しようとしてきた人々(移民)は、どのような市民権戦略をとってきたと言えるでしょうか。現代アメリカにおける移民問題の焦点となっているヒスパニック系の人々に注目して考えてみたいと思います。

Page generated in 0.154 seconds. Stats plugin by www.blog.ca