(改訂版)LGBT・ゲイ権利運動の市民権戦略とアメリカ政治

(改訂版)LGBT・ゲイ権利運動の市民権戦略とアメリカ政治

アメリカにおけるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー=性的オリエンテーションにおけるマイノリティ)の市民権戦略を考えてみましょう。 藤永康政氏が指摘するように、「公民権運動が達成した変化は、黒人をはじめとするマイノリティの政治的権利だけにとどまらず、抑圧されていた集団が肯定的なアイデンティティを構築していく意識覚醒を促進」しました(『原典アメリカ史』岩波書店、2006、第8巻、290頁)と言えます。その代表的な例が、厳しい差別排斥の視線に晒されてきたLGBTの権利運動だったと言えるでしょう。

Page generated in 0.167 seconds. Stats plugin by www.blog.ca