『アメリカが語る民主主義』ミネルヴァ書房、2001年

『アメリカが語る民主主義』ミネルヴァ書房、2001年

 ネルヴァ書房より大津留(北川)智恵子・大芝亮編『アメリカが語る民主主義』が 出版されました。帯から、「20世紀はアメリカの世紀であった。自由と民主主義の国、アメリカ。人権と民主主義を外交の柱とするアメリカ。アメリカは民主 主義を語る。アメリカはラテン・アメリカをはじめ、世界各地で民主主義を伝道する。アメリカは、軍事・経済援助を通じて、そして民主化支援を通じて、民主 主義を輸出する。しかし、アメリカの語る民主主義に疑問を抱いたことはないだろうか。本書は、アメリカ研究、外交史、そして国際政治学の研究者が民主主義 という理念がアメリカ内政・外交において果たす役割を共同研究したものである」。私はすでにこのウェブサイト上で草稿を公開、アメリカ学会でも発表させて いただいた「民主主義と他者認識」を寄稿しました。(2001/1/5) アマゾンで入手 TRC日本図書流通センター/図書館所在情

現代フィリピンを知るための60章

現代フィリピンを知るための60章

明石書店より出版された大野拓司・寺田勇文編著『現代フィリピンを知るための60章』は、現代フィリピン社会やその歴史的生成の背景を知るのに絶好のコンパクトな本です。私は第8章「日本占領期 『トモダチ』の圧制」を寄稿しました。 アマゾンで入手 TRC日本図書流通センター/図書館所在情報

Philippines under Japan 2000

Philippines under Japan 2000

池端雪浦編『日本占領下のフィリピン』(岩波書店、1996年)の英訳版です。フィリピンの代表的な学術出版元のひとつアテネオ・デ・マニラ大学出版より刊行されました。Ikehata Setsuho & Ricardo Torota Jose (eds.), The Philippines Under Japan: Occupation Policy and Reaction. Quezon City: Ateneo de Manila University Press, c1999. 1v. [ISBN 971-550-332-2]. 拙稿「宥和と圧制」は、”Appeasement and Coercion,” pp.21-58.です。 アマゾンから入手

『アメリカの多民族体制』(東大出版会、2000年)

『アメリカの多民族体制』(東大出版会、2000年)

五十嵐武士編『アメリカの多民族体制』(東京大学出版会、2000年) 編 者・五十嵐氏は、米国が歴史的に多民族社会を形成・維持してきた仕組みを「多民族体制」と名づけて論じています。私は「フィリピン系退役軍人差別是正問題 の半世紀」で、第2次世界大戦において米軍とともに米軍指揮下で日本と戦ったフィリピン系ヴェテランたちが、齢70を超えて、1990年代、米国に大挙し て移民してきた問題を、この論文で初めて取り上げました。帰化訴訟から、同書の出版作業が進んでいる過程で米議会で可決・成立した特別立法(アメリカで受 給している生活保護手当を若干減額のうえフィリピンでもドルで受け取ることができるようにしたもの)までを検討しました。この驚くべき「老兵」たちの戦後 半世紀の歩みは、米比関係と米国の「多民族体制」が含むあらゆる問題を一身に象徴しているとも言えるかもしれません。 アマゾンで入手

『太平洋戦争の終結―アジア・太平洋の戦後形成』(柏書房、1997年)

『太平洋戦争の終結―アジア・太平洋の戦後形成』(柏書房、1997年)

『太平洋戦争の終結―アジア・太平洋の戦後形成』 細谷 千博 (編集), 後藤 乾一 (編集), 入江 昭 (編集), 波多野 澄雄 (編集) 柏書房、1997年  太平洋戦争終戦にいたる歴史過程と、終戦がアジア・太平洋地域にもたらした衝撃に焦点をあてた国際学術会議<終戦とアジア太平洋>の研究成果として出版された論文集。 中野は、東南アジアの戦後秩序形成のなかでフィリピンがたどった<アジアから遠く離れた>道とその歴史的背景を、フィリピン史の戦前から戦後への連続性、その連続性を強めた日本占領期の意義などをふくめて検討しました。 アマゾンで入手 

Page generated in 0.974 seconds. Stats plugin by www.blog.ca