アーリントン国立墓地とフィリピン(3)ウィリアム・ハワード・タフト

アーリントン国立墓地とフィリピン(3)ウィリアム・ハワード・タフト

William Howard Taft (1857-1930), Section 30 アーリントン国立墓地とフィリピン・マップ(ゆかりのアメリカ人たちの墓碑を赤いピンで、フィリピーノたちの墓碑を青いピンで表示しています)。 (目次に戻る) 1901年3月、フィリピン独立革命政府指導者のエミリオ・アギナルドが、ルソン島東部イサベラ州のパラナンに潜伏中のところを、フレデリック・ファンストン准将により逮捕されます。米本国でも1901年9月6日、マッキンレー大統領が暗殺され、セオドア・ローズヴェルト副大統領が大統領に昇格するという全米を震撼させる大事件が発生しますが、アギナルドの逮捕・投降(このあとアギナルドは米国への忠誠を誓います)は、各地の革命軍を投降へと向かわせていきます。

アーリントン国立墓地とフィリピン(2)「フィリピン反乱」

アーリントン国立墓地とフィリピン(2)「フィリピン反乱」

Arthur MacArthur (1845-1912) & Henry Lawton (1843-1899), Section 2 アーリントン国立墓地とフィリピン・マップ(ゆかりのアメリカ人たちの墓碑を赤いピンで、フィリピーノたちの墓碑を青いピンで表示しています)。 (目次に戻る) 米比戦争Philippine-American Warとは、1898年の米西戦争Spanish-American Warパリ講和条約によって、これに先立つ1896年からスペインに対する独立革命が始まっていたフィリピンを併合して、米軍史上はじめての大規模な海外遠征軍により独立革命を弾圧・征服した植民地戦争です。アメリカはフィリピン独立革命政府を認めなかったので、今でも米軍戦史におけるこの戦争の公式名称は「フィリピン反乱」Philippine Insurrectionとされています。

アーリントン国立墓地とフィリピン(1)「メイン号のマスト」メモリアルから

アーリントン国立墓地とフィリピン(1)「メイン号のマスト」メモリアルから

アーリントン国立墓地には、フィリピンをめぐる征服戦争と植民地の過去が刻まれています。その広大な墓苑から、歴史を刻んできた幾つかの記念碑・墓標を紹介します。 アーリントン国立墓地とフィリピン・マップ(ゆかりのアメリカ人たちの墓碑を赤いピンで、フィリピーノたちの墓碑を青いピンで表示しています)。(目次に戻る) Mast of USS Maine Memorial, Section 24 & Charles Dwight Sigsbee (1845-1923), Section 2 まず訪れるべきは、無名戦士の墓などがある墓苑の中心部でひときわ目立つ、国旗掲揚台のようにも見える碑です。米西戦争の引き金となったメイン号爆沈事件のメモリアルです。(Arlington and the Filipinos Map)

Holy Week in the Philippines - 1995 -

Holy Week in the Philippines – 1995 –

1995年フィリピン聖週間の写真をアルバムにしてみました。

一覧

(1) 著書 単著 1. 『フィリピン独立問題史──独立法問題をめぐる米比関係史の研究(1929-1946年)』(龍渓書舎、1997年1月15日)、全383頁。 1934年独立法で定められた独立の期日と諸条件の変更、すなわち独立法改正問題を中心とする米比関係史を検討することにより、1930年代からアジア・太平洋戦争に到る国際環境のなかで独立への道を歩んだフィリピンの国家形成史において、非植民地化の契機がむしろ失われてゆく過程を明らかにした。アメリカ学会清水博賞受賞(1997年)。

Page generated in 0.472 seconds. Stats plugin by www.blog.ca